IT Penguin

2015/07/29

新・近鉄全線501.2km 1日制覇(#6 完結編)

 一日で近鉄全線に乗車する「近鉄全線1日制覇」。
 5月の挑戦では、JRの信号故障に行く手を阻まれ失敗。1ヶ月後新たなルートで再チャレンジを敢行。午前5時のスタートから13時間が経過し、日没の時間が近づいてきた。
 途中最大の山場だった、信貴山を駆け下りる信貴山ダッシュも成功させ、ここまでは、いたって順調。しかも、ここから先は乗り換えもかなり楽。
 正直なところ、成功はほぼ手中に収めていると思っている。だが、しかし、前回もそう思っていた。しかも、ゴールまで2時間半、あと5本電車を乗り継げばゴールという瞬間まで、成功を確信していた。
 それを考えると、ゴールまで5時間半、12本も電車を残している段階では、勝利の美酒に酔うわけにはいかない。今一度気を引き締めて、先へすすむ。

すっかり夜
生駒・生駒駅

 生駒ケーブルの往復を終え、生駒駅に戻ってきたところ待ち受けていたのは、激しい黄色でラッピングされた、ド派手な”阪神タイガーストレイン”。近鉄奈良線は阪神と相互乗り入れをしているので、阪神の車両も乗り込んでくる。
 いや、別に阪神の車両だって問題はない、例え、それがすさまじいデザインでラッピングされていてもだ。理性では、そうわかっているのだが、やはり、どこか躊躇せざるを得ないすさまじい威圧感を車両から感じる。
 思えば、昼間に乗った長野線で「河内の阪神おじさん」を見たばかりだ。どうも、気が進ままない。
 しかも、この電車、本日の全39本の電車のうち、数少ない「1本見逃して次の電車に乗っても間に合う」電車なのである。
 乗るべきか、乗らざるべきか散々迷ったが、前回の失敗のことを考えれば、先を急ぐに越したことはない。ここは、勇気をもって黄色い電車に乗ることにしよう。

奈良・近鉄奈良駅

 息を殺して、なんとか黄色いタイガーストレインを耐えきって、なんとか終点・近鉄奈良駅にたどり着いた。
 ここからは、近鉄特急3連発。しかも、うち2つは、乗り過ごしの心配のない終点乗車。全席指定、リクライニングシート、おまけに、黄色いラッピング電車に出くわすおそれもない。まさにパラダイス・タイム!
 意気揚々と京都行きの近鉄電車に乗り込む。英気を補給するため買い込んだレッドブルを片手に、リクライニングシートに体をうずめる。

京都・京都駅

 ボーっとしていたら、あっというまに終点京都に到着。京都線終了。そして、残りの電車があと10本になる。
 折り返しの近鉄特急に乗ると、おいらの指定席に乗客が。どうやら、先に座っていたお客さんは間違って、明日の日付の指定券を買ってしまっていた模様。おいらが正しくてホッとすると同時に、なんか追い出したみたいで悪い気もする。和服のお姉さん、えろうすんまへんでした。

橿原・大和八木駅

 京都から1時間、またしても、いつの間にか下車駅・大和八木駅に到着。ここから先は寝過ごしだけが不安要因。シャキッとしとかないといかんね。とにかく、橿原線も完了。
 朝、名古屋からの特急に乗って大和八木に着いたのが11時過ぎ。あれから9時間が過ぎて辺りはすっかり闇。
 ここから、午前の続きの電車に乗るかのように、名古屋発大阪難波行きの特急に乗り換える。
 やってきた特急は、近鉄を代表する名阪特急の看板列車・アーバンライナー。本日最後の特急だが、トリを取るのに不足のない相手。心して乗車するとする。といいつつ、終点まで乗るので、寝てしまおう...。

大阪・大阪難波駅

 南の端・賢島からスタートし、北と東の端・名古屋、そして、吉野、大阪阿部野橋、近鉄奈良、京都といったターミナルを経て、西の端、大阪難波駅に到着。まさに”たどり着いた”感がある。
 これで、近鉄最長の大阪線、それに難波線も終了。残りは、奈良線(布施-生駒)、けいはんな線、生駒線(信貴山下-王寺)、田原本線、天理線とかなり絞られてきた。本数も残り8本、ゴールまで3時間ちょっと。いよいよ、本当にゴールが見えてきた。

 大阪難波駅からは、奈良線の残課題解消のため、準急で生駒駅に戻る。
 土曜日の夜ということで、買い物帰りやら、デートの帰りやら、仕事の帰りやら様々な種類の人々が電車に乗っている。でも、朝からずーっと近鉄に乗ってますという人は、運転手と車掌とおいらぐらいのもんだろうね。というか、きっと運転手よりも長い時間乗ってるし。

生駒・生駒駅

 関西東側を2時間かけて周遊し、生駒に帰還。(と、このフレーズ何回このブログに書いたことか...)
 次のけいはんな線へ取り掛かる。けいはんな線は大阪市営地下鉄中央線から直通する線路で、電車もなんか地下鉄っぽいし駅名看板も他の近鉄とは別仕様になってるし、線名がひらがなだし、おまけに生駒駅では中間改札があって、なんだか近鉄とは思えない路線。
 もうなんだか、近鉄じゃないことにしてシカトしてやってもいいような気もしてきたが、いじめが社会問題化する昨今、そういう態度は良くないと、律儀に乗ることにする。
 まずは、生駒から東へ10分、終点の学研奈良登美ケ丘駅に到着。ここで、折り返して、大阪市営地下鉄との境界駅・長田駅に向かう。
 ちょっと気合を入れないといけないのが、今回の計画を立てた時から、もし寝過ごすことがあるとしたら、この電車だと思っていた。
 スタートから16時間、そうとう疲れているときの、20分強という微妙な時間の各駅停車。寝過ごす必要条件は完全に満たしている。
 「あと何駅」と、路線図を見て数えながら、長田駅を目指す。一瞬、ウトウトしかけたが、なんとか下車に成功。これで、けいはんな線も終了し、いよいよあと5本。
 折り返して生駒に戻るが、こいつもまた微妙な13分という乗車時間。なんとか13分を耐え切って、生駒に帰ってきた。あと4本。

(右上)王寺駅から(右下)新王寺駅へ (上)西田原本駅から(下)田原本駅へ
生駒・生駒駅

 生駒から、中途半端に1駅間だけ乗り残している生駒線を潰すために、王寺駅へ向かう。王寺駅は終点なので、寝過ごす心配は無用。いや、まあ、あまりに爆睡すれば、折り返して生駒に強制送還されるわけだが...。

 25分後、定刻通り終点・王寺駅に到着。生駒線も終了。残りは田原本線と天理線の2線のみ。あと3本、そしてたった1時間でゴール!

王寺・王寺駅

 前回、無念のリタイアの地となった王寺駅だが、本日は実に静かに夜を迎えている。
 少し離れた新王寺駅へ改札外乗り換えをするが、乗り換え時間は17分、五体投地をしながらでも十分に間に合う。次の西田原本行きの電車は、新王寺駅の終電。駅の周りに飲み屋や、24時間営業のスーパーもあるのだが、ほとんど人の気配がない。

 10分以上も早く、新王寺駅に着いたが、電車は既にホームで待機していて、終電で帰宅する乗客が席を確保していた。発車時間が近づくに連れ、乗客はどんどん増え、席が埋まる程度の乗客にはなった。
 そして、定刻通り電車が発車した。

田原本・西田原本駅

 途中の駅で反対方向の電車の行き違いの為、えらく長く停車したためか、2分ほど遅れて終点・西田原本駅に到着した。次の橿原線に乗るために改札外乗り換えをしなくてはならないが、乗り換え時間は3分ほど残ったので、全く問題なし。田原本線も踏破し、残りは天理線のみ。あと、2本!

 田原本線の西田原本駅から橿原線の田原本駅までは、100メートル程。どれだけゆっくり歩いても2分はかからない。
 ホームについて一息ついた頃に、電車がやってきた。この電車もまた、田原本駅の終電。
 4駅先の天理線の乗換駅・平端駅を目指す。

終点天理へ到着!
大和郡山・平端駅

 日付が変わった直後、平端駅に到着。
 いよいよ、ここから近鉄全線1日制覇、最後の電車に乗り換える。
 この平端駅は、完全なる乗り換えの為の駅で、ここで降りる乗客はあまり多くはない。よって、橿原線を降りた人々のほぼ全てが連絡通路を通って、天理線のホームへ移動する。ざっと数十人が移動し、着いたホームに止まっている6両編成の電車にもそこそこの人数が乗っている。なかなかの賑である。
 ここ2本の電車は終電だったが、この電車は終電から数えて3本めの電車であり、なんだか時間が遡ったような気になる。
 気持ち的には、終電にのってフィナーレを迎えたいところだが、なんかトラブルがあってはいけないので、素直に止まっている電車に乗り込む。
 しばらくして、電車が発車する。これで、近鉄のおっさんが急にストライキでも始めない限りは、全線制覇完了となる。

天理・天理駅

 平端からわずか3駅、時間にして6分で終点・天理駅に到着。天理線を制覇したことで、近鉄の全ての路線を乗りつぶしゴール!
 1度の挫折を経た後、19時間、39本の近鉄電車を乗り継いで、なんとか公共交通機関だけを利用して近鉄全線を1日で制覇するというチャレンジを完遂した。毎度、毎度、同じ感想だけど、疲れましたわ...。
 天理の駅を出てみると、終電まであと2本を残しているものの、JRがとっくに終電を終えていることもあって、駅前は完全に闇。
 数キロ離れた健康センターで、夜明けを待つことにする。

新・近鉄全線1日制覇(リベンジ版)まとめ
#乗車下車乗車路線
柏原堅下(徒歩)
16:42高安山16:49信貴山門(近鉄バス)
信貴山門信貴山下(信貴山ダッシュ)
生駒鳥居前(徒歩)
鳥居前生駒(徒歩)
王寺新王寺(徒歩)
西田原本田原本(徒歩)
実施日:2015年6月13日 (土・休日ダイヤ)
近鉄 鉄道総延長:501.2km (伊勢中川駅付近の短絡線は非短絡線と同一路線として計上)
総乗車距離:754.7km
総乗車本数:39本 + 近鉄バス(高安山→信貴山門)
所要時間:18時間54分
運賃:週末フリーパス 4,100円 + 特急券 5,060円 + 近鉄バス 250円

 過去3回の中で、特急料金が一番お高いです。7回も乗ってるからね。
 難易度で言えば、圧倒的に前回失敗したルートの方が楽です。不慮の事故で失敗しただけなので、もう一度挑戦すれば多分成功します。
 その他、いくつかルートは考えられるけど、基本的に賢島スタート、吉野ゴール、生駒山あるいは信貴山あるいは両方での下山ダッシュは必須だね。


 なんだか、最後はあっさりゴールとなりました。
 なんつーか、信貴山ダッシュで燃え尽きて疲れ果てたので、あとは惰性でゴールしたって感じですな。
 なんにしろ、今日一日定時運行に努めていただいた近畿日本鉄道の皆様、ありがとうございました。前回、身にしみたけど、結局このチャレンジって他力本願で、鉄道会社の努力があってこその成功ですよ、ホント。

 さて、近鉄全線を一日で全て乗車することに成功したわけですが、これで、改めて日本の三大私鉄近鉄・東武・名鉄を、電車・バスのみで、それぞれ一日で全線乗ることに成功したわけだ。
 偉いぞ! おいら! スゲーぞ! おいら! おめでとう! おいら!!
 これで、一段落したので、次の乗りつぶしのネタを考えないといけませんな。

2 件のコメント:

  1. 大和八木~新ノ口の直通線は別途乘るべし

    返信削除
    返信
    1. そういう意味では、伊勢中川‐川合高岡間の非短絡線も乗ってませんけどね

      削除