IT Penguin

2012/02/13

国道45号線 三陸海岸縦断 (1日目)

 2012年一発目は、久々の大型国道走破の旅。(というか、もう2月だけどね...)
 今回のターゲットは、仙台から青森を三陸海岸に沿って結ぶ国道45号線。
 地味な場所を通る、地味な番号の国道だが、その長さは500キロを超え、日本で6番目に長い一般国道である。
 三陸海岸といえば、昨年の東日本大震災で津波の大きな被害を受けた地域。「のんきに国道の旅などに出かけていいものなのか」と、考えるところもありましたが、震災から10ヶ月近くが過ぎ、いつまでも被災地の旅を避け続けるのもおかしな話と思い、今回、いつものように、出かけてきました。

 今回は、国道45号線の終点の青森から起点の仙台に向かって、真冬の三陸海岸を南下しながら、震災の被災地となった地域を訪問していきました。

国道4号線から分岐 400キロポスト 青森・岩手県境
青森・十和田

 国道45号線の終点は青森市内の青い森公園前にあるのだが、そこから80キロ近く4号線との重複区間が続き、十和田市内でようやく国道4号線と別れて、単独区間となる。
 さすがに一度走った国道4号線を80キロも走るのは、なんなので、今回は、この4号と45号の分岐交差点からスタートすることにした。
 近くにあったキロポストの表示は、424キロ。途中からとは言え、残りは400キロ以上、先は長いぞ。

青森・階上

 昼飯を食べてほどなく、400キロポストを発見。
 キューピーの工場の入り口が目印。

青森・岩手 県境

 青森から、この辺りまでは、雪が残っている。
 ここから先、太平洋岸沿いの三陸地域は、東北とは言え、雪はあまり降らない。実は、この旅でも、ここを過ぎると最後までほとんど雪を見ることがなく、仙台に辿り着くことになった。
 東北の大都市は、比較的内陸に多いため、常に雪が積っているイメージなのだが、それは、あくまでも内陸や日本海側の話。

八戸線 今年の3月に運転再開が見込まれている 津波浸水想定区域の看板
岩手・洋野町種市

 雪がなくなり、海が見えてくるのと同時に、ぼちぼち、津波の傷跡が伺えるようになってくる。
津波の被害の中心は、岩手と宮城の県境あたりの三陸南部であり、そこから数百キロはなれたこの辺りは、相対的に被害は少なかったはずだが、やはり、線路が流される規模の津波に襲われている。
 とは言え、やはり、三陸南部に比べれば、線路の復旧工事も進んでおり、今年の3月には、運転再開されるそうだ。

 国道45号線が、三陸海岸近くを走行するようになると、”津波警戒区域”という看板を度々見かけるようになる。
海岸に近く標高が低い場所に来ると、津波警戒区域に入り、海岸から離れて標高が上がってくると警戒区域を脱する。普段、あまり、標高など気にしながら運転することはないのだが、この看板があると、道路の高低が気になってくる。

道の駅 のだ 津波の跡。ガードレールが仮設
岩手・道の駅 のだ

 本物の駅”陸中野田”に併設された”道の駅 のだ”で休憩。
 陸中野田は、三陸鉄道北リアス線の駅であり、ここから北方向の終点までの2駅間が復旧している。(南の終点宮古付近も復旧)
 ちなみに、三陸鉄道は、北リアス線の他に、被害の大きかった釜石付近を走っていた南リアス線があるのだが、そちらは、未だに全線不通となっていて、再開の目途すらもたっていない。

 道路の方も、徐々に復旧が進んでいるのだが、依然としてガードレールや縁石の無い簡易舗装の道が多く、片側交互通行となっている個所も残っている。国道45号線は、仙台近くまで、この状態が続いていた。

リアス式じゃなくて、海岸段丘なんだってさ 野田村から海岸段丘を望む
岩手・野田

 三陸といえば、”リアス式海岸”である。
 中学校あたりの地理でそう習ったので、条件反射で”リアス式”という単語が浮かんでくる。”ジーク”といえば”ジオン”、”三陸”といえば”リアス”である。
 しかしながら、三陸海岸の北部は、リアス式ではなく、海岸段丘なのだそうだ。まぁ、その違いはよくわからんが、動画でおいらが”リアス式”と言っているのは、きっと、”百式”がどうのこうのという話をしたかったんだと思う。

300キロポスト 勾配10%の猛峠 中野坂
車内から撮影したので、ちょっと見にくいです。スマヌ
岩手・田野畑村

 夕暮れ時に、300キロポストを発見。東北の夜は早いです。

岩手・小本 中野坂

 国道45号線の岩手は、ともかく峠が続く。
 どの峠もいい加減険しいのだが、中でも、この中野坂は勾配10%という心臓破り、かつ、2ケタ国道としては掟破りの急坂。
 国道1号線で言えば、鈴鹿峠や箱根峠を越える難峠が、次々と襲いかかってくる。
 海岸段丘、恐るべし。(関係ないか??)

宮古市役所前
イルミネーションされているのは、歩道橋
岩手・宮古

 すっかり、日が落ちて、真っ暗になった午後5時半。宮古市役所前に手、1日目終了。
 付近のキロポストは、263.7km。
 しかし、なんだか派手な横断歩道ですなぁ。

0 件のコメント: